Surface Book

Surface Book

Surface Bookは2015年に発売されたマイクロソフトのハイエンドノートPCです。

2017年に後継のSurface Book 2が発売されたため旧機種となったため在庫限りの状況です。

パソコンでゲームをやりたい。 グラフィック(見た目)が単純な、例えばマインクラフトのようなゲームなら「普通の」パソコンでも充分...

旧機種とはいっても元々「ありあまるほどの性能」があるため、価格が下がった今はお買い得とも言えます。

スペックと価格

「型番」のリンクをクリックすると最新価格を確認できます。

型番 SSD CPU RAM GPU
Surface Book CR9-00006 128GB Intel
Core i5
8GB
SX3-00006 256GB 8GB GeForce
SV5-00010 512GB 8GB
CS5-00006 256GB Intel
Core i7
8GB GeForce
CR7-00006 512GB 16GB
PA9-00006 1TB 16GB
Surface Book
パフォーマンスベース搭載モデル
95F-00006 256GB 8GB GeForce
GTX 965M
96D-00006 512GB 16GB
975-00006 1TB 16GB

MacBook Proより高解像度のディスプレイ

Surface Bookは13.5インチのディスプレイを搭載しています。

このディスプレイは3,000 x 2,000という解像度を誇ります。

Surface ProやMacBook Pro 13のディスプレイより高解像度です。

Surface Book Surface Pro MacBook Pro 13
画面サイズ 13.5インチ 12.3インチ 13.3インチ
解像度 3,000 x 2,000 2,736 x 1,824 2,560 x 1,600
縦横比 3:2 3:2 16:10

この超高解像度のディスプレイへはGPUで高速に描画されます(ただし、GPUを搭載しないモデルもあります)。

3Dゲームもできる

GPUを搭載しているノートパソコン(ゲーミングノートなどと呼ばれます)はほとんどありません。

3Dグラフィックを駆使したゲームはGPUが必要ですが、そうしたゲームができるノートパソコンはほとんどありません。

Surface Bookの数少ないGPU搭載ノートパソコンであり、3Dゲームも問題なく楽しめます。

仕事に使いやすい縦横比

ほとんどのパソコンは縦横比が16:9か16:10と横長の画面です。

横長の画面は映画など動画を見るにはいいのですが、仕事で使うには縦が狭く横が広すぎます。

Surfaceシリーズは画面の縦横比が珍しい3:2なのです。

3:2は書類の作成など仕事で使いやすい縦横比です。

クラムシェルにもタブレットにもなる

クラムシェルとは直訳すると貝殻のことです。

パソコンでクラムシェルと言えばMacBookのような2つに折りたためるノートパソコンです。

MacBook

クラムシェルに対してSurface Proなどのタブレットにキーボードを合体させるスタイルは「2 in 1」と呼ばれています。

ノートパソコンとしての使い勝手は2 in 1よりクラムシェルのほうが優れています。

Dynamic Fulcrum Hinge

Surface Bookはディスプレイ部分を切り離してタブレットとしても使えます。

Surface Book

しかし、クラムシェルのノートパソコンとしても使えるのです。

その秘密がDynamic Fulcrum Hingeと呼ばれる特殊なヒンジです。

Dynamic Fulcrum Hinge

Dynamic Fulcrum Hingeでディスプレイ部とキーボード部が接続されることで、クラムシェルにもタブレットにもなります。

この特殊なヒンジが高価格の一因であることは間違いないと思います。

液晶ペンタブとして

Surface BookにはSurfaceペンが付属しています。

Surfaceペン

液晶ペンタブとしてイラストやマンガなどのデザイン作成に十二分な性能を持っています。

また、ちょっとオーバースペックな気もしますが、OneNoteやExcelなどに手書きの図形などを書き込むこともできます。

マウスで作図する無駄な時間を大幅に短縮することができます。

上位版Windowsと上位版Office

WindowsとOfficeの開発元でマイクロソフトのパソコンだけあってWindowsもOfficeも上位版が搭載されています。

Windows 10 Pro

Windows 10 Proは下位版のWindows 10 Homeに大きく以下の機能が追加されています。

ドメイン参加

Windowsドメインネットワークを構築している会社では必須の機能です。

BitLocker

ハードディスク(SSD)を暗号化します。

USBメモリや外付けのポータブルハードディスク(HDD)に重要なデータを入れて出張に行くことがあります。 もし、そのUSBメモリやハードディスクを紛失したり盗難にあったりして、データが流出すると大変だという不安がありまし...

リモートデスクトップサーバー

Windowsにはリモートデスクトップというネットワーク越しに別のWindows PCを操作できる機能があります。

リモートデスクトップのクライアント機能は全てのエディションのWindowsに搭載されています。

しかし、サーバ機能はWindowsの上位エディションにしか搭載されていません。

仕事でよく使っているWindowsのリモートデスクトップのメモです。 リモートデスクトップ(Remote Desktop)とはWindows OSをネットワーク上のリモートデスクトップクライントから操作できるようにするた...

Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス

Office Home & Businessは下位版のOffice Personalには含まれないPowerPointとOneNoteが含まれています。