Surfaceでスクリーンショットを撮る方法

タイプカバーでスクリーンショットを撮る

スクリーンショットとはディスプレイに表示されている内容を画像としてクリップボードにコピーする、または画像ファイルとして保存することです。

マイクロソフトのSurfaceでは機種とタイプカバー(タッチカバー)の有無によってスクリーンショットの撮り方が異なります。

標準のスクリーンショットの撮り方

Windows標準のスクリーンショットの撮り方は以下です。

画面全体のスクリーンショット

キーボードのPrtScnキーを押すと画面全体のスクリーンショットが取れます。

PrtScn

スクリーンショットはクリップボードにコピーされるだけで、画像ファイルは作成されません。

そのため、画像ファイルを作成するにはクリップボードにコピーされたスクリーンショットを画像アプリにコピーし、ファイルとして保存する操作が必要です。

アクティブウインドウのスクリーンショット

アクティブウインドウとは一番手前に表示されているウインドウです。

キーボードのAltキーを押しながらPrtScnキーを押します。

AltとPrtScn

アクティブウインドウのスクリーンショットがクリップボードにコピーされます。

スクリーンショットの画像ファイルは作成されません。

Windowsタブレット本体でスクリーンショット

Windowsタブレット本体には物理キーボードがありません。

そのため、本体のWindowsボタンを押しながら音量ボリュームを下げるボタンを押します。

画面全体のスクリーンショット画像が「ピクチャ」フォルダの下の「スクリーンショット」フォルダに保存されます。

スクロールして表示する画面

ブラウザなどスクロールしないと全部表示されない画面のスクリーンショットは通常の方法では撮れません(詳細は以下の記事をどうぞ)。

Surface固有のスクリーンショットの撮り方

Surfaceは機種によってはタイプカバーのキーや本体のボタンが省略されているため、機種固有の操作が必要になります。

Surfaceペンで撮る

Surfaceペン

Surfaceペンを使っている場合、ペンの頭の消しゴム部分を2回ノックするとメニューが表示され、画面全体かペンで指定した範囲のスクリーンショットが撮れます。

スクリーンショットはファイルとして保存したり、OneNoteなどのアプリに貼り付けられます。

Surface Pro

タイプカバーで撮る

Surface Pro 4タイプカバー

Surface ProタイプカバーにはPrtScnキーもAltキーも存在するため、標準の方法でスクリーンショットが取れます。

本体で撮る

Surface Pro 4の本体にはWindowsボタンがないため、標準の方法はできません。

本体の「ボリュームアップ」ボタンと電源ボタンを同時に押すとスクリーンショットが撮れます。

画面が一瞬だけ少し暗くなれば成功です。

Surface ProとはWindowsの開発元であるマイクロソフト自身が開発・販売しているWindowsタブレットです。 ...

Surface Pro 4

タイプカバーで撮る

Surface Pro 4のタイプカバーにはF7キーと兼用のPrtScnキーが存在します。

そのため、Fnキーのロックを外した状態(Fnキーのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

タイプカバーでスクリーンショットを撮る

本体で撮る

Surface Proと同様です。

Surface Pro 3

タイプカバーで撮る

Surface Pro 3のタイプカバーにはPrtScnキーがないため、標準の方法では撮れません。

Surface Pro 3のタイプカバー

画面全体のスクリーンショットを撮るにはWindowsキー、Fnキー、スペースキーを同時に押します。

アクティブウィンドウだけのスクリーンショットを撮る場合は、Altキー、Fnキー、スペースキーを同時に押します。

本体で撮る

Surface Pro 3の本体にはWindowsボタンも音量ボリュームボタンもあるため、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface 3

タイプカバーで撮る

Surface 3のタイプカバーにはPrtScnキーもAltキーもあるため、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface 3のタイプカバー

本体で撮る

Surface 3の本体にはWindowsボタンも音量ボリュームボタンもあるため、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。